×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  響いた言葉»  女王の

女王の

女王の

 
「いい加減、目覚めなさい。
   日本という国は、そういう特権階級の人たちが、
   楽しく、幸せに暮らせるように
   あなたたち凡人が、安い給料で働き
   高い税金を払うことで、成り立っているんです」


「そういう特権階級の人たちが、
    あなたたちに何を望んでいるか知ってる?
    今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。

    世の中のしくみや、
    不公平なんかに気づかず、
    テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、
    会社に入ったら、上司の言うことを大人しく聞いて、
    戦争が始まったら、
    真っ先に危険な所に行って戦ってくればいいの。」


                                               女王の教室より
 

今の時代だと
いろいろと問題になりそうなセリフですが
阿久津先生 本質をついてますよね!


Lyckaな店主

2018-09-23 14:27:00

響いた言葉   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.lycka-tegone.com/app/TrackBack/receivetb/SID/x0295388/EID/429

トラックバック記事一覧