×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  情報»  めんえき

めんえき

めんえき

Facebookよりシェア!!

免疫について

自然に病原菌が体内に入って作られる抗体と、
ワクチン接種によって作られる抗体は違います。
ワクチンは、抗体を体内に作ることによって、
感染を軽くし、
二度とその病気にかからないようにするために
作られたと言われています。
実はそれは少し違いますが、
ま、ここではそれは置いておいて。
自然に入ってきた病原体を
自分の体内にあってはならないものとして認識し、
攻撃して追い出します。
免疫力の主体は血液中にある白血球です。
白血球とはリンパ球やマクロファージなど
数種類の免疫細胞の総称で、
たとえばがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やキラーT細胞はリンパ球の仲間です。
病原体(ウイルス、微生物など)に感染することで
かかる病気は、
1度感染すると免疫ができて2度とはかからなくなると考えられています。
しかし、ワクチンの侵入経路は血管です。
自然に入ってくる病原菌は皮膚や粘膜から
入ってきます。
自然に入ってくる病原菌が玄関から入ってくると
考えてください。
ワクチンは、こっそり知らない間に居間に入っているということなんです。
だから、攻撃しようにも戸惑ってしまうんですね。
自分の細胞だと思っていたものが突然侵入者だと
わかったようなものなんです。
ワクチンによって病原体が血管に入ってきます。
これは免疫機構にとって
かなり異常な感染の仕方ですね。
病原体とのさまざまの反応は、
一つの体、一本のつながった血管、
一つの白血球内で起こることであり、
自然免疫と獲得免疫は密接につながっています。
ワクチンでは、
戦う必要はないように弱められた病原体が、
いきなり血管に入ってきます。
特に不活化ワクチンの場合は、
不活化処理された病原体なので
体細胞を攻撃するでもなく、
動き回りも増えもしない、
わけのわからない物体です。
どの免疫細胞も、
これは攻撃すべき非自己なのかどうか判断に迷い、
思うようには抗体生成がいきません。
ということは、
免疫力が低下するということなのです。
免疫力が低下するということは、
病気にかかりやすくなる。
病原体の排出が滞ってしまいます。
今では1種類ではなくて混合ワクチンを接種します。
そうすれば免疫力が低下することは
よくお分かりになると思います。
病原体が排出されずにずっと残っていることで、
免疫の自己 非自己の区別が混乱します。
自分自身の細胞まで非自己と間違って認識して、
攻撃することによって自己免疫疾患を
引き起こします。
 ワクチンの病原体を培養するのに使用された、
他種動物の組織の蛋白質が血液に残るために
異種蛋白質の抗体ができるので
アレルギー疾患を引き起こします。
また、添付文書を読むと
お分かりになると思いますが、
有害物質 病原体により汚染されます。
脳炎、神経障害(癲癇、異常行動等。
つまり自閉症やADHDといわれる症状など)
自己免疫疾患
腫瘍、ガン
食物アレルギーの原因となる(劇症のアナフィラキシーショックを起こすこともある)
酷い場合には死に至ることもあります。
がんと闘う免疫細胞
  がん細胞を攻撃する免疫は「ナチュラルキラー細胞」「キラーT細胞」「マクロファージ」の3種です。
中でもナチュラルキラー細胞は
さまざまながん細胞に有効で、
この細胞の活性度が高い人ほど
がんにかかりにくい体質と考えられます。  
・ナチュラルキラー細胞
 他の細胞から指令を受け、活動を開始するT細胞や
B細胞(獲得免疫)とは異なり、
ナチュラルキラー細胞は体の中を常に巡回している
免疫細胞(自然免疫)です。
がん細胞はもとはと言えば自分の細胞。
そのため免疫にとっては正体がわかりにくいのです。しかしナチュラルキラー細胞は、
こんながん細胞でも即座に包囲して
いっせいに攻撃を仕掛けます。   
・キラーT細胞
 キラーT細胞はT細胞の仲間です。
T細胞はマクロファージから連絡を受けて
血液中に放出されます。
そしてはじめてがん細胞に攻撃を
仕掛けることができるようになります。
キラーT細胞は全てのがんに有効ではなく、
たとえば大腸がん、肝臓がん、悪性黒色腫などです。   
・マクロファージ細胞
 マクロファージはインターフェロンにより
活性化します。
活性化したマクロファージは
がん細胞に対しても攻撃モードに入り、
TNF-αなど腫瘍壊死因子を放出して
がん細胞を崩壊させます。
同時にサイトカインによる信号をT細胞に送り、
がん細胞の存在を他の免疫細胞に教えます。

~以上です~

人間のからだは
意識しなくても働いてくれて
ありがたいですよね。
余計なものをからだに入れれば
余計なお仕事も増えますし
入れ続ければ対応出来なくなるのも
当たり前ですよね。
化学物質まみれの世の中なので
気にせず入れ続ければ
人間が名付けた病気と言うものになるリスクが
高まるのも必然ですよね。


Lyckaな店主

 

2021-07-29 20:24:51

情報   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.lycka-tegone.com/app/TrackBack/receivetb/SID/x0295388/EID/1668

トラックバック記事一覧