×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  響いた言葉

響いた言葉

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ながれ



知らず知らず 歩いて来た
細く長いこの道
振り返れば 遥か遠く
故郷が見える
でこぼこ道や 曲がりくねった道
地図さえない それもまた人生
ああ川の流れのように ゆるやかに
いくつも 時代は過ぎて
ああ川の流れのように とめどなく
空が黄昏に 染まるだけ

生きることは 旅すること
終わりのない この道
愛する人 そばに連れて
夢探しながら
雨に降られて ぬかるんだ道でも
いつかはまた 晴れる日が来るから
ああ川の流れのように おだやかに
この身をまかせていたい
ああ川の流れのように 移りゆく
季節 雪どけを待ちながら

ああ川の流れのように おだやかに
この身をまかせていたい
ああ川の流れのように いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら


                      〜川の流れのように
                                        美空ひばり


平成元年に発売された名曲。
今日 ラジオで流れて
母親が美空ひばりさんを
好きだったことを思い出したので。


Lyckaな店主

 

2019-04-30 23:27:25

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

すきこそ


「ただそれを知っただけでは上手くいかない。

    好きになればその道に向かって進む。

   もしそれを心から楽しむことが出来れば、

    いかなる困難にもくじけることなく

    進むことができるのだ。」

 
                                         渋沢栄一 


好きじゃなければ
命の時間を費やして
やり続けたいとは思いまへん。


Lyckaな店主

2019-04-09 23:23:13

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

じかん


「8時間働いたって
   16時間余っているんだから

   その時間で
   自分を成長させる事は
   何歳になっても可能。」

                                    武井壮




時間は誰にでも平等ですからね。


Lyckaな店主

2019-04-06 22:14:34

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

ふあん


「人生冒険するのは
    不安だし怖い。
    とか言うけどよ。

    一回しかねえのに
    動かねえで終わる方が
    オレはよっぽど怖いわ。」
                 
                           武井壮



この身体とこの心は1度きり・・・


Lyckaな店主

 

2019-04-03 01:37:59

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

いちばん


おまえの一番

大切にしたいことはなにか?

なぜそれをやらない?

                      ひすいこたろう




明日死ぬかもよ!!


Lyckaな店主

2019-03-21 22:18:49

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ


Ooh...

嗚呼 凍てつくほど
意味が積もる冬

真っ二つの未来
霙まじった夢

だけど必ず巡り来る時機
大事なのは見極め

瞳閉じて感じれば
“秒”が見えた

フジヤマの雪月花
鏡の水面の夕陽
無常だからこそ刹那
それは美しく感無量

繚乱桜
咲き誇って 宙舞って 散る一切
生涯ファビュラス
啖呵切って 見栄張って 精進したい
かつて見た あの景色
見せたい人がいるのさ

繚乱桜
それはだって今のオレ
桜ファビュラス
咲くは桜ファビュラス

嗚呼 摩訶不思議だ
ご縁って賜物は

どっかで必ず
皆 繋がってゆく

自棄をちゃんと叱ってくれた人
待っていてくれた人

七色の虹の袂
足元だった

サムライの心意気
小夜時雨に立つ灯篭
決意っていう帯を締めて
粋に着流す 運命を

繚乱桜
一瞬一瞬が 相まって 豪華絢爛
生涯ファビュラス
奈落だって 裾だって 人生の舞台
生き抜いた様でいて
皆 生かされているのさ

繚乱桜
何度だって降りて開く
幕は

焔の様 夜桜
日出るに隔たりなんかありはしない

三味が奏でる和
繚乱桜
咲き誇って 宙舞って 散る一切
生涯ファビュラス
啖呵切って 見栄張って 精進したい
かつて見た あの景色
見せたい人がいるのさ

繚乱桜
それはだって今のオレ
桜ファビュラス
散るも桜ファビュラス

                       〜  〜
                        DAPANP



生涯ファビュラス!!


Lyckaな店主

 

2019-03-17 22:55:22

コメント(0)

折りたたむ

3.9


流れる季節の真ん中で
ふと日の長さを感じます
せわしく過ぎる日々の中に
私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて
桜のつぼみは春へとつづきます

溢れ出す光の粒が
少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に
少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち
気づいたことは 1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい

砂ぼこり運ぶ つむじ風
洗濯物に絡まりますが
昼前の空の白い月は
なんだかきれいで 見とれました

上手くはいかぬこともあるけれど
天を仰げば それさえ小さくて

青い空は凛と澄んで
羊雲は静かに揺れる
花咲くを待つ喜びを
分かち合えるのであれば それは幸せ

この先も 隣で そっと微笑んで

瞳を閉じれば あなたが
まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう
あなたにとって私も そうでありたい


                              3月9日
                             レミオロメン


3月9日と言えば。


Lyckaな店主

 

2019-03-09 23:38:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ



薬を10錠飲むよりも、

心から笑った方が

ずっと効果があるはず。

 

- アンネ・フランク -



ナチュラルキラー細胞活性化!!!!!


Lyckaな店主

2019-02-25 02:34:58

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

しやわせ


結局のところ
私たちが目の前の現象を
どう思うか、感じるかであって

『幸せ』という名の現象が
宇宙に存在するわけでは
ありません。

だから普通に歩けることが
幸せだと思った人には
幸せが一個。

目が見えることを
幸せだと思った人は
幸せが二個、手に入る。

耳が聞こえて幸せ
口で物が食べられて幸せ
鼻で呼吸ができて幸せ…

というふうに考えていったら
いくらでも幸せが手に入ります
 
                   小林正観
 

捉え方 受け取り方で
「当たり前」が
「幸せ」だという事に
気が付けるという事か!!

しかも無料で!!


Lyckaな店主

2019-02-08 03:09:23

コメント(0)

折りたたむ

こわい


何かを始めるのは怖いことではない。

怖いのは何も始めないことだ。

 

                      マイケル・ジョーダン 




死ぬ時に後悔しても
おせぇー!!


Lyckaな店主

2019-01-14 23:00:36

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5