×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  お塩について

お塩について

  • 件 (全件)
  • 1

塩レモン水

砂糖というものは

からだには必要ではなく

嗜好品という認識ですが

塩は大事だと体感しているので

毎日 からだが欲するままに摂っています。

塩レモン水にして水筒で持ち歩き

ちびちび飲むようにしてます。

以前はスポーツドリンクを飲んだりしてましたが

原材料を見てしまうと

無駄な化学物質が入りまくりで

飲む人のからだのことなど

考えられてないように感じるので

飲まなくなりました。

子ども達にも飲ませたくないですね。

塩はいろいろな種類があり

自分のからだに合う塩を見つけるのが一番だと思います。

人間 食べなくても

塩と水があれば しばらくは生きてられると言われるくらいですから。

お金を出せば 選びたい放題の

今という時代は恵まれてますよね。


Lyckaな店主



 

2018-03-31 12:54:40

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

現在

1905年(明治38年)以来続いた 塩専売制度が1997年に廃止になり

様々なお塩が販売されるようになりました。

原料 製塩法などの違いによって 数えきれないくらいの製品が

選べる時代になりました。

パンつくりにおいても お塩は需要な役割をするわけですが

現在 Lyckaで使っているお塩はべトナムの天日海塩

カンホアの塩です。

その前はジャワ海の塩 天日海塩750(お塩ちゃん)を使ってました。

どのお塩もパンにも自分のからだにも合っていたと思います。

今後もいろいろなお塩を試していこうと思っていますが

適度なミネラルが含まれたお塩を選択すると思います。

お塩はからだにとっても重要な役割を担ってくれるので

自分のからだに合うものを見つけたいですね。


Lyckaな店主 
 

2018-01-14 17:47:35

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1